このページの先頭です このページの本文へ

ここから本文です

インフルエンザ

Influenza

わからない言葉があったら、文字をなぞって検索できます。詳しくはこちらをご覧ください。

予防の方法

 現在、不活化インフルエンザワクチンの皮下接種が、主にリスクの高い人に対して、重い合併症を予防する目的で行われています。65歳以上の高齢者と、60歳以上の心肺疾患をもつ人が対象で、法律による接種が可能になっています。

 乳幼児に対するワクチンの予防効果や軽症化については、現在研究中です。



執筆者(敬称略):堤 裕幸

  • :画像ページに移動します。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ