このページの先頭です このページの本文へ

ここから本文です

現在位置:

腋臭症(わきが)

腋臭症えきしゅうしょう(わきが)

Bromhidrosis

わからない言葉があったら、文字をなぞって検索できます。詳しくはこちらをご覧ください。

どんな病気か

 思春期になると、わきの下からの汗が刺激のある独特なにおいを発するようになります。においが強い場合を腋臭症といいます。



原因は何か

 腋の下にはアポクリン汗腺があります。アポクリン汗腺は腋の下、乳暈にゅううん、外陰部などにあります。アポクリン汗腺は性ホルモンの影響を受けているので、思春期になると分泌が活発になります。

 アポクリン汗腺から分泌される汗は蛋白成分を多く含んでいます。アポクリン汗腺から分泌された直後の汗にはにおいはありませんが、細菌により分解されることによりにおいを発するようになります。アポクリン汗腺の汗がにおう体質は遺伝します。


症状の現れ方

 思春期の第二次性徴が現れる時期になり、腋の下が独特な刺激臭を発するようになります。汗をかいたままほっておくとにおいは強くなります。衣服の腋の下の部分が黄色く変色します。



検査と診断

 腋の下の汗をガーゼなどでぬぐい、においを嗅ぐことにより診断できます。


治療の方法

 制汗剤せいかんざいによる外用治療を行います。制汗剤としては塩化ベンザルコニウム液や塩化アルミニウム液が用いられます。においが強い場合は、手術で腋の下のアポクリン汗腺を取り除くとにおいはなくなります。


病気に気づいたらどうする

 腋の下を清潔に保つことが大切です。汗をかいた後はシャワーや入浴で汗をよく洗い流し、清潔な下着にこまめに取り替えます。腋毛えきもうがあると汗が付着して細菌が繁殖しやすくなるので、腋の下の毛を切ったり脱毛すると、腋臭を減らす効果があります。


執筆者(敬称略):嵯峨 賢次

  • :画像ページに移動します。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

スマートフォン版Yahoo!ヘルスケア
病院情報のQRコードおでかけ先でも「病院情報」や「家庭の医学」で病気を調べることができます。
本文はここまでです このページの先頭へ