このページの先頭です このページの本文へ

ここから本文です

現在位置:

尋常性ざ瘡(にきび)

尋常性ざ瘡じんじょうせいざそう(にきび)

Acne vulgaris (Acne)

わからない言葉があったら、文字をなぞって検索できます。詳しくはこちらをご覧ください。

原因は何か

 思春期における性ホルモンの変動、とくに男性ホルモンであるアンドロゲンの作用(女性でも副腎で産生される)により皮脂腺の分泌が多くなります。皮脂は毛嚢をへて外へ排泄されますが、遊離脂肪酸の刺激により毛嚢の出口に角質増殖が起こると、毛穴がふさがって皮脂がたまり、面皰めんぽうと呼ばれる初発疹ができます。毛嚢の出口にすみついているざ瘡(アクネ)桿菌かんきんのリパーゼなどの作用により炎症が起こります。

 悪化因子としては女性では月経前、ファンデーションなどの毛穴を詰める化粧品、男女とも睡眠不足、精神的ストレス、間食、気になって皮疹ひしんに触ること、毛髪で皮膚がこすれる髪型などがあげられます。



執筆者(敬称略):末木 博彦

  • :画像ページに移動します。

初診に適した診療科

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ