このページの先頭です このページの本文へ

ここから本文です

日焼ひや

Sunburn

わからない言葉があったら、文字をなぞって検索できます。詳しくはこちらをご覧ください。

どんな障害か

 日光によって起こる皮膚の変化で、サンタン(色素の増加)とサンバーン(日光によるやけどの状態)があります。

 日焼けを起こすのは紫外線です。紫外線には長波長(UVA)、中波長(UVB)、短波長(UVC)の紫外線があり、通常は短波長のUVCは地表には届きません。

 日焼けを起こすのはUVAとUVBで、とくにUVBの作用が重要です。紫外線は皮膚の細胞にはたらいて、微少な障害を与えて炎症を起こす物質をつくったり、DNAに傷をつけたりします。



症状の現れ方

 日焼けを起こしやすい人と起こしにくい人がいます。日本人ではスキンタイプをI~IIIに分けています。

 タイプIは、日光に1時間くらいあたると赤くなりますが、その後は皮膚にメラニン色素は出てきません。

 タイプIIでは、日光にあたると赤くなって、その後、皮膚の色がやや黒くなります。

 タイプIIIでは、日光にあたると赤くならずに、その後、黒くなります。

 紫外線量の多い時期に日光にあたる時間が長いと、日光によるやけどが起こります(サンバーン)。皮膚は赤くなってはれて痛みを伴います。症状が強い場合は水疱すいほうが現れます。


検査と診断

 小児期から強い日焼けをしやすい場合は、色素性乾皮症しきそせいかんぴしょうなどを除外する必要があります。



治療の方法

 海水浴などで、紫外線を長時間浴びて皮膚が真っ赤になったような場合は、消炎薬やステロイド薬を使用する必要があります。

 水疱ができた場合は、熱傷ねっしょうに準じた治療を行います。


障害に気づいたらどうする

 通常の日焼けは、特別な治療は必要ありません。むしろサンスクリーンで予防することが大切です。症状が強い場合は、皮膚科医の診察を受けてください。


執筆者(敬称略):堀川 達弥

  • :画像ページに移動します。

初診に適した診療科

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ