このページの先頭です このページの本文へ

ここから本文です

現在位置:

痒疹、ストロフルス、固定じんま疹(結節性痒疹)

痒疹ようしん、ストロフルス、固定こていじんましん結節性痒疹けっせつせいようしん

Prurigo, Strophulus, Urticaria perstans (Prurigo nodularis)

わからない言葉があったら、文字をなぞって検索できます。詳しくはこちらをご覧ください。

どんな病気か

 強いかゆみを伴う皮膚の炎症反応形式のひとつです。大豆くらいまでの大きさの塊が皮膚に多数でき、長い場合は数年にわたり続きます。1カ月以内に治るものを急性痒疹、数カ月以上にわたって続く場合を慢性痒疹と分類します。

 急性痒疹は、主として5歳以下の幼少児に起こり、ストロフルスとも呼ばれます。慢性痒疹には、固定じんま疹(結節性痒疹)や多形慢性痒疹たけいまんせいようしんが含まれます。特殊型にヘブラ痒疹、妊娠性痒疹、色素性痒疹、尿毒症性にょうどくしょうせい痒疹、夏季痒疹があります。



原因は何か

 原因は明らかではありませんが、一種のアレルギー反応と考えられます。

 ストロフルスは虫刺されのあとに起こることが多く、虫に対する過敏反応とされています。慢性痒疹の場合も、虫刺されのあとに出てくる場合がありますが、糖尿病や胃腸障害、肝臓病、血液疾患に伴って現れることもあります。


症状の現れ方

 初めは、虫刺されのような赤く少し盛り上がった発疹ができます。中心部に小さな水ぶくれができることもあります。かゆみのために引っかいていると傷になり、じゅくじゅくします。強いかゆみのため眠れなくなることもあります。繰り返し引っかいていると、だんだん盛り上がって硬くなります(図5)。

 通常は、一つ一つの発疹は離れて存在しますが、多形慢性痒疹では発疹が集まって現れます。いずれも治ったあとに茶色いあとが残り、しばしば再発します。



検査と診断

 診断は、特徴的な発疹とその分布、経過から判断します。発疹の一部を切って顕微鏡で調べる組織検査で診断は確定します。糖尿病や胃腸障害、肝臓病、血液疾患に伴って現れることもあるため、血液検査を行うこともあります。


治療の方法

 発疹にはステロイド外用薬を使用し、かゆみは抗ヒスタミン薬で対処します。治りにくい場合は、発疹部にステロイド含有テープを貼ったり、ステロイド注射液を直接注射することもあります。紫外線療法や液体窒素ちっそを使った冷凍療法、シクロスポリンの内服が効果的な場合もあります。

 糖尿病や胃腸障害、肝臓病、血液疾患などに伴ってみられる場合は、こうした病気を治療することも必要です。


病気に気づいたらどうする

 強いかゆみのために引っかいて症状が悪化するので、引っかかないように気をつけます。近くの皮膚科専門医のいる医療機関を受診して診断、治療を受けるようにします。


執筆者(敬称略):森田 栄伸

  • :画像ページに移動します。

初診に適した診療科

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ