このページの先頭です このページの本文へ

ここから本文です

糖尿病とうにょうびょう基礎的理解きそてきりかい

Basic knowledge of diabetes mellitus

わからない言葉があったら、文字をなぞって検索できます。詳しくはこちらをご覧ください。

検査と診断

(1)糖尿病の診断基準

a.(1)空腹時血糖値が126mgdl以上、(2)75gブドウ糖負荷試験(OGTT)2時間値が200mgdl以上、(3)随時血糖値(来院時に任意の条件下で測定された血糖値)が200mgdl以上、(4)HbA1Cが6.5%以上(日本の測定値では6.1%以上)のいずれかを認めた場合は、「糖尿病型」と判定します。別の日に再検査を行い、再び「糖尿病型」が確認されれば糖尿病と診断します。ただし、HbA1Cのみの反復検査による診断は不可です。

 また、血糖値とHbA1Cが同一採血で糖尿病型を示すこと((1)~(3)のいずれかと(4))が確認されれば、初回検査だけでも糖尿病と診断します。

b.糖尿病型を示し、かつ次のいずれかの条件が満たされた場合は、1回だけの検査でも糖尿病と診断できます。

・糖尿病の典型的症状(口渇、多飲、多尿、体重減少)の存在

・確実な糖尿病網膜症の存在

c.過去において上記のaないしbが満たされたことがあり、それが病歴などで確認できれば、糖尿病と診断するか、その疑いをもって対応します。

d.以上の条件によって、糖尿病の判定が困難な場合には、糖尿病の疑いをもって、3~6カ月以内に血糖値とHbA1Cを同時に測定して再判定します。

 75gOGTTにおける判定基準を表1に示します。

(2)糖尿病の治療に必要な検査

・血糖値

 通常、糖尿病の治療のためには空腹時や食後に血糖値を測定します。なお、空腹時血糖は10時間以上絶食したあとの血糖で、食後血糖値は食事開始後の血糖であり、何時間後かを覚えておく必要があります。

 日本糖尿病学会による血糖コントロールの目安を表2に示します。

・グリコヘモグロビン(HbA1C

 赤血球中のヘモグロビン(Hb)にブドウ糖が非酵素的に結合したもので、赤血球の寿命が120日であることから、HbA1Cは少なくとも過去1~2カ月の平均血糖値を反映します。HbA1C値は糖尿病の経過を評価するのによい指標になります。日本のHbA1Cの測定値(JDS)での正常値は4.3~5.8%です。

・尿検査

 尿糖、尿蛋白、尿潜血、また糖尿病腎症とうにょうびょうじんしょうが疑われる場合には、尿中アルブミン排泄量を年に数回測定することがすすめられます。

・眼底検査

 糖尿病網膜症とうにょうびょうもうまくしょうの有無を検査するため、眼底を無散瞳さんどう眼底カメラにより撮影したり、眼科医によるチェックが必要です。

・神経学的検査

 糖尿病神経障害とうにょうびょうしんけいしょうがいの発見のため、膝蓋腱しつがいけん反射やアキレス腱反射の有無を検査したり、温痛覚・触覚・振動覚のチェックが必要です。

・その他の検査

 糖尿病の患者さんは、高血圧脂質異常症を合併しやすいので、血圧測定や総コレステロール、中性脂肪(トリグリセリド)、HDL‐コレステロール(善玉コレステロール)などの血中脂質濃度の検査も時々必要です。脂肪肝なども合併しやすく、肝機能検査も時に必要です。糖尿病腎症による腎機能障害などをみるため、血清クレアチニンや尿素窒素ちっそや尿酸などの測定も時に必要です。

 心疾患のチェックのため、年1回ぐらいは胸部レントゲン写真や心電図検査を受けることも忘れてはなりません。



治療の方法

 1型糖尿病では、生涯にわたるインスリン治療が必要になります。2型糖尿病では、過食や肥満、運動不足などの生活習慣の乱れを、食事療法や運動療法で改善することで血糖値は低下します。食事療法や運動療法のみで不十分な場合には、インスリン分泌を刺激する薬剤やインスリン抵抗性を改善する薬剤、ブドウ糖の吸収を遅らせる薬剤が必要になります。詳しくは、各項目を参照してください。


執筆者(敬称略):片山 茂裕

  • :画像ページに移動します。

初診に適した診療科

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ