このページの先頭です このページの本文へ

ここから本文です

現在位置:

インポテンツ(ED)

インポテンツ(ED)

Impotence (Erectile dysfunction [ED])

わからない言葉があったら、文字をなぞって検索できます。詳しくはこちらをご覧ください。

どんな病気か

 性交渉をするための十分な勃起ぼっきが得られない場合や、勃起を維持できないために性交ができない状態を指します。最近ではED(Erectile Dysfunction)と呼ばれています。腟内射精障害は、勃起が得られ性交ができるにもかかわらず、腟内では射精できないもので、インポテンツの亜型と考えられています。日本では約500万人の患者さんがいると推測されています。



原因は何か

 生まれつき、まったく勃起したことがない一次性のインポテンツと、一時的には可能であったがその後インポテンツになった二次性のインポテンツに分類されます。

 一次性は、下垂体機能低下症などにより二次性徴が発現していない人にみられます。これに対し二次性のものは、20~40歳では新婚インポテンツなどの精神、心因性しんいんせいのものが多いことが知られています。40歳以上では器質性、つまり加齢、慢性疾患(糖尿病、心臓病、動脈硬化うつ病)、骨盤・膀胱や前立腺、直腸の外傷、手術などにより、勃起に関係する神経や血管が損なわれたことが原因です。

 また、頭部・脊髄せきずいの病気や外傷によってもインポテンツになることがあります。そのほか、降圧剤、抗うつ薬、抗アンドロゲン薬を服用するとインポテンツになることがあります。


症状の現れ方

 初めは時々勃起しなくなるだけですが、重症になると常時このような状態になります。



検査と診断

 過去4週間の性的行為での勃起の有無、硬度、挿入可能であったかどうか、維持可能であったかどうかについて問診します。早朝勃起の有無や頻度、その時の硬度も診断に有用です。一般に早朝勃起が普通にあれば、精神・心因性のインポテンツと考えられます。

 新婚インポテンツは新婚旅行時などで見かけられますが、マスターベーションは可能で早朝勃起現象もあります。

 そのほか、二次性徴の出現の有無、たとえば陰茎いんけいや精巣の大きさや男性ホルモンを含めた血液検査が必要になります。また、糖尿病などの慢性疾患がないかどうかのチェックも必要です。

 さらに、飲酒歴、喫煙、うつ病などの有無、降圧薬などの内服歴を調べます。

 特殊なものとしては、リジスキャンといって、睡眠中に勃起現象が起こっているかどうかを検査する方法があります。夜間に勃起しているようならば、心因性のインポテンツが疑われます。また、超音波で陰茎の血流を測定することや、陰茎に薬を注入して勃起を誘発する試験もあります。


治療の方法

 一次性のインポテンツでは、二次性徴を発現させるために男性ホルモンなどの補充療法を行います。新婚インポテンツや腟内射精困難症などの精神・心因性のインポテンツでは、行動療法、心理療法があります。これで効果がなければクエン酸シルデナフィル(バイアグラ)、塩酸バルデナフィル水和物(レビトラ)、タダラフィル(シアリス)などを用いることになります。

 器質性のインポテンツでは、その原因になっている基礎疾患(糖尿病うつ病など)の治療が必要です。また、インポテンツを起こす可能性のある薬を中止することがすすめられます。しかし、効果のみられないことも多く、バイアグラなどがよく使われています。ただし、バイアグラなどの投与前に、心疾患などの合併症がないこと、硝酸剤(ニトログリセリンなど)を服用していないことを確認する必要があります。

 ED治療薬以外の方法としては、陰茎に平滑筋弛緩薬へいかつきんしかんやくたとえばプロスタグランジンや塩酸パパベリンを自己注射する陰茎海綿体内自己注射法、陰圧式勃起補助具を使う方法、陰茎内に手術的に補助具を挿入する方法があります。


病気に気づいたらどうする

 精神療法や行動療法を希望する場合は、専門の泌尿器科または精神科を受診してください。

 バイアグラなどを希望する人は、内科あるいは泌尿器科を受診し、血液検査、心電図などで異常がなければ処方されます。ED治療薬が無効な場合は、泌尿器科に受診することが必要です。特殊な治療なので、前もって治療が可能かどうか問い合わせてください。


執筆者(敬称略):齋藤 和男

  • :画像ページに移動します。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

スマートフォン版Yahoo!ヘルスケア
病院情報のQRコードおでかけ先でも「病院情報」や「家庭の医学」で病気を調べることができます。
本文はここまでです このページの先頭へ