このページの先頭です このページの本文へ

ここから本文です

現在位置:

インポテンツ(ED)

インポテンツ(ED)

Impotence (Erectile dysfunction [ED])

わからない言葉があったら、文字をなぞって検索できます。詳しくはこちらをご覧ください。

原因は何か

 生まれつき、まったく勃起したことがない一次性のインポテンツと、一時的には可能であったがその後インポテンツになった二次性のインポテンツに分類されます。

 一次性は、下垂体機能低下症などにより二次性徴が発現していない人にみられます。これに対し二次性のものは、20~40歳では新婚インポテンツなどの精神、心因性しんいんせいのものが多いことが知られています。40歳以上では器質性、つまり加齢、慢性疾患(糖尿病、心臓病、動脈硬化うつ病)、骨盤・膀胱や前立腺、直腸の外傷、手術などにより、勃起に関係する神経や血管が損なわれたことが原因です。

 また、頭部・脊髄せきずいの病気や外傷によってもインポテンツになることがあります。そのほか、降圧剤、抗うつ薬、抗アンドロゲン薬を服用するとインポテンツになることがあります。



執筆者(敬称略):齋藤 和男

  • :画像ページに移動します。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ