このページの先頭です このページの本文へ

ここから本文です

前立腺肉腫ぜんりつせんにくしゅ

Prostatic sarcoma

わからない言葉があったら、文字をなぞって検索できます。詳しくはこちらをご覧ください。

どんな病気か

 前立腺肉腫は、前立腺がんが前立腺の腺組織から発生するのに対し、前立腺の支持組織である筋肉などの間質かんしつ細胞から発生します。そのために、前立腺がんでは上昇するPSA(前立腺特異抗原ぜんりつせんとくいこうげん)は上昇しません。現在のところ特有の腫瘍マーカーは見つかっていません。



症状の現れ方

 症状は、病気が進んで尿道を圧迫することから、尿が出にくいということですが、前立腺が急速に大きくなることから、尿が出なくなって見つかることもあります。直腸を圧迫することから便が出にくいという人もいます。

 発生の頻度は前立腺がんの0.1%と少ないのですが、多くの患者さんが40歳以下と若い人に多いという特徴があります。若い人で尿が出にくいという症状がある場合は注意します。とくに横紋筋肉腫おうもんきんにくしゅは小児によく発生します。


検査と診断

 まず直腸診で、前立腺部の巨大な弾性のある腫瘍として触れます。次に、CT、MRI検査で骨盤腔内の巨大な腫瘍として診断されます。肝臓、肺などに転移しやすいので、CT検査を行います。針生検で組織診断を行います。



治療の方法

 治療法としては、手術が可能であれば、膀胱、前立腺、直腸を含めた骨盤内臓器こつばんないぞうき全摘出術を行い、尿路の変更、人工肛門の造設、抗がん薬、放射線療法を併用します。小児以外の患者さんにおける予後は非常に悪いのが特徴です。


執筆者(敬称略):三浦 猛

  • :画像ページに移動します。

初診に適した診療科

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ