このページの先頭です このページの本文へ

ここから本文です

眼精疲労がんせいひろう

Asthenopia (Eye strain)

わからない言葉があったら、文字をなぞって検索できます。詳しくはこちらをご覧ください。

検査と診断

 視力、視野、眼圧、細隙灯さいげきとう顕微鏡検査、眼底検査などの眼科の一般検査で前記した原因を除外していきますが、調節検査が最も重要です。

 眼に原因がないと考えられる時は、全身検査を含めて前記した原因を精密検査します。



治療の方法

 眼精疲労の的確な治療はその原因によってまったく異なるので、原因追及が最も重要です。


執筆者(敬称略):大西 克尚

  • :画像ページに移動します。

初診に適した診療科

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ