このページの先頭です このページの本文へ

ここから本文です

霰粒腫さんりゅうしゅ

Chalazion

わからない言葉があったら、文字をなぞって検索できます。詳しくはこちらをご覧ください。

どんな病気か

 マイボーム腺(まぶたの深部にある脂腺)が詰まって、なかにじゅく(かゆ)状のどろりとしたものがたまり、慢性的な炎症(肉芽腫性にくげしゅせい炎症)が起こって腫瘤しゅりゅうができる病気です。乳幼児から老人まで、あらゆる年齢層に発生します。



原因は何か

 マイボーム腺はまつ毛の生え際近くに開口部がありますが、その開口部が炎症などで詰まることによって起こります。


症状の現れ方

 まぶたにドーム状のしこりができます。普通、痛みはありません。放置すると次第に大きくなっていきます。外から触れるとコリコリしたしこりができています。

 放置すると、まぶたの皮膚側や内側に破れて内容物が出ることがあります。しかし内容物が出ても、麦粒腫ばくりゅうしゅと違い、これで治りきることはまずありません。また、時には腫瘤に細菌感染を併発することがあり、この場合、麦粒腫のように発赤と痛みを伴います。



検査と診断

 症状と無痛性のしこりの存在から、診断は比較的容易です。ただ、高齢者で同一部に再発を繰り返す場合、がんの可能性もあるので、手術で摘出した組織を顕微鏡で調べる必要があります。


治療の方法

 局所麻酔をし、切開して摘出します。小児の場合は全身麻酔が必要になります。原則は手術ですが、手術を避けたい場合は、ステロイド薬を腫瘤に注射します。これで治らない場合は、やはり手術が必要です。


病気に気づいたらどうする

 まぶたにできたしこりに気づいても、通常は痛くないので、眼科受診が遅れがちです。傾向としては徐々に大きくなっていくので、早めに眼科を受診しましょう。


執筆者(敬称略):森 秀夫

  • :画像ページに移動します。

初診に適した診療科

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ