ここから本文です

現在位置:

糖尿病とは? 症状と予防のポイント

糖尿病とは? 症状と予防のポイント

11月14日は、世界糖尿病デーです。全世界で糖尿病の拡大予防に向けたさまざまなキャンペーンが実施されており、日本各地でもブルーライトアップが行われるなど、糖尿病の予防を喚起する啓発活動が行われています。現在、日本人の糖尿病患者ならびに糖尿病予備軍は、合わせて2000万人以上いるとされています。自分には関係ないと思わず、日々の生活習慣を振り返ったり定期的に健診を受けたりするなどして日ごろから気をつけることが大切です。

世界で10秒に1人が関連する病で命を奪われている!?

糖尿病は一般に死に至る病という認識は薄いですが、世界で見ると年間380万人以上が糖尿病が引き起こす合併症などが原因で死亡しており、世界のどこかで10秒に1人が糖尿病に関連する病で命を奪われているとされています。

糖尿病には痛みなどの自覚症状が少ないことから、疑いがありながらそのまま治療を受けないケースが多いことも要因の一つとされています。

糖尿病の基礎知識

糖尿病とは

写真提供:アフロ

糖尿病とは血糖値が高くなる病気です。食べ物や飲み物を消化して作られるブドウ糖は血糖と呼ばれ、体内に取り込まれると血液の流れに乗って筋肉や臓器にいきわたり、体を動かすためのエネルギー源として利用されます。ですが、ホルモンの一種であるインスリンが足りなくなったり作用が弱くなったりするとブドウ糖(血糖)がうまく筋肉や臓器にいきわたらず、血糖値が高くなります。このような状態が続くのが糖尿病で、進行すると失明や脳梗塞などを引き起こす原因となります。

失明や脳梗塞などの可能性を高める糖尿病

糖尿病は何が怖いのでしょうか。糖尿病は「血糖値が高い状態が続く」病気です。高血糖状態が続くと血管を傷つけ、さまざまな合併症を引き起こします。痛みなどを伴わないため、気づかずに対処しないままでいると、合併症を引き起こす可能性がぐんと高まります。発症する前に予防することが大切です。

現在の糖尿病危険度をチェックしてみよう!

自分は大丈夫、なんて思っていても、かかってからでは遅いもの。生活習慣などを振り返って現在の危険度をチェックしてみましょう。

朝食を抜くことが多い

監修:そねクリニック 曽根正好先生

糖尿病の初期症状は

糖尿病の初期症状の代表例に以下があげられます。

  • のどが渇きやすくなる
  • 水をよく飲むようになる
  • 尿が多くなる

さらに血糖値が高くなると、以下の症状が出やすくなります。

  • 体がだるくなりやすい
  • 体重減少

しかし、これらの初期症状が出ない方も多くいるとされているため、定期的に健診を受けて早期発見に努めるようにしましょう。

糖尿病予防のポイントは

糖尿病には大きく分けて子供のころに発症することが多い1型糖尿病と、40代以降に発症することが多い2型糖尿病があり、患者さんの95%以上が2型糖尿病です。2型糖尿病は食事や運動など生活習慣も関わっているとされており、厚生労働省によると今までに一番重かったときの体重が重い人ほど糖尿病にかかりやすく、予防のためには「肥満を防ぐことが最大のポイント」とされています。

肥満かどうかの指標にはBMI(ボディー・マス・インデックス)という基準が広く使われています。統計的にBMIが22のときが最も病気にかかりにくいとされており、25を超えると糖尿病をはじめさまざまな病気にかかりやすいことがわかっています。

あなたの身長と体重を入力してBMIを計算してみよう。

身長cm 体重kg
  • 25以上:肥満
  • 18.5以上25未満:普通体重
  • 18.5未満:低体重

もし25以上だった場合は、食事や運動などの生活習慣を見直すなどして気をつけるようにしましょう。

糖尿病は早期発見・早期治療がカギ

糖尿病の治療には、「食事療法」「運動療法」「薬物療法」があり、これらを組み合わせて適切な治療法を続けることで症状の悪化を食い止めることが可能です。もしかかってしまった場合でも、医師の処方や生活指導を守れば進行を防げるとされていますのできちんと治療を継続するようにしましょう。

糖尿病の治療法などの詳細はこちら(Yahoo!ヘルスケア 家庭の医学)

11月14日は世界糖尿病デー

2006年12月20日に国連総会議にて「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」が採択されました。同時に世界各地で糖尿病の予防、治療、療養を喚起する啓発運動を推進することを呼びかける目的で制定されたのが「世界糖尿病デー」です。

シンボルマークの「ブルー」は国連や空を表しており、「輪」は団結を表しています。

糖尿病の発症リスクも調べられる「遺伝子検査」

最近メディアなどで耳にすることも増えた「遺伝子検査」。 2型糖尿病については、なりやすい体質かどうかが遺伝子検査でわかります。 まずは病気発症リスクや体質を知ることで、 自分の生活習慣を見直すきっかけのひとつにしてみてはいかがでしょうか。

本文はここまでです このページの先頭へ