ここから本文です

現在位置:

乳がんを知ろう 乳がんの基礎知識

乳がんの基礎知識

現在、日本人女性のおよそ15人に1人が一生のうちに乳がんと診断されています。一方で、乳がんは早期発見で90%以上の人が治ると期待されています。乳がん早期発見の秘けつは乳がん検診を定期的に受けること。あなたとあなたの大切な人のために、検診に行きましょう!

日本の乳がんの現状

日本では、乳がんにかかる女性が年々増えており、今では年間約5~6万人の女性がかかると推定されています。また亡くなる方も、ここ50年間で7倍にも増えています。

乳がんは40歳前後を境に、発症率が急激に増加します。 近年では、若い世代の乳がん発症率も上昇してきています。 ですが、乳がんは数少ない自分で発見することのできるがんです。また、がんの早期発見で90%以上の方が治ると期待されています。

早期発見のためには、普段から定期的にセルフチェックを行ったり、乳がん検診を受診することが大切となります。

乳がんはどんな病気?

乳がんは、乳房にできる悪性腫瘍(しゅよう)です。 乳腺は乳頭から木の枝のように放射状に広がっており、その先に小葉と呼ばれる母乳を作るところがあります。母乳を乳頭まで運ぶのが乳管です。乳がんの多くは、この乳管から発生します。

乳房の変化に気付かず放置していると、がん細胞が増殖して乳腺の外にまで広がり、リンパや血液の流れにのって、肺や肝臓、骨など乳房から離れた臓器にまで及びます。

乳房の仕組み

乳がんのできやすいところ

乳がんの症状

  1. 1)乳房のしこり
    乳がんは5mmぐらいから1cmぐらいの大きさになると、自分で注意深く触るとわかるしこりになります。しかし、しこりがあるからといってすべてが乳がんであるというわけではありません。
  2. 2)乳房のえくぼなど皮膚の変化
    乳がんが乳房の皮膚の近くに達すると、えくぼのようなくぼみができたり、皮膚が赤く腫(は)れたりします。 乳房のしこりが明らかではなく、乳房表面の皮膚がオレンジの皮のように赤くなり、痛みや熱感を伴う場合、「炎症性乳がん」と呼びます。 炎症性乳がんがこのような外観を呈するのは、乳がん細胞が皮膚のリンパ管の中に詰まっているためであり、それだけ炎症性乳がんは全身的な転移をきたしやすい病態です。
  3. 3)乳房の近傍のリンパ節の腫れ
    乳がんは乳房の近傍にあるリンパ節、すなわちわきの下のリンパ節(腋窩リンパ節)、胸骨のそばのリンパ節(内胸リンパ節)や鎖骨の上下のリンパ節(鎖骨上リンパ節、鎖骨下リンパ節)に転移をきたしやすく、これらのリンパ節を「領域リンパ節」と呼びます。
    領域リンパ節が大きくなってくるとリンパ液の流れがせき止められて腕がむくんできたり、腕に向かう神経を圧迫して腕のしびれをきたしたりすることがあります。
  4. 4)遠隔転移の症状
    転移した臓器によって症状は違いますし、症状が全くないこともあります。領域リンパ節以外のリンパ節が腫れている場合は、遠隔リンパ節転移といい、他臓器への転移と同様に扱われます。
    腰、背中、肩の痛みなどが持続する場合は骨転移が疑われ、荷重がかかる部位にできた場合には骨折を起こす危険もあります(病的骨折)。肺転移の場合は咳が出たり、息が苦しくなることがあります。肝臓の転移は症状が出にくいですが、肝臓が大きくなると腹部が張ったり、食欲がなくなることもあり、痛みや黄疸が出ることもあります。
参考:

家庭の医学で調べる

本文はここまでです このページの先頭へ