ここから本文です

現在位置:

デング熱について知っておきたい4つのポイント

デング熱について知っておきたい4つのポイント

デング熱って、いったい何?

デング熱とは、デングウイルスというウイルスが、人間の体内に感染しておこる急性の熱性感染症です。感染した場合、発熱、頭痛、筋肉痛、発疹、下痢、全身倦怠感などの、普通のかぜのような症状が現れます。
以下4つのチェックで、デング熱について正しく理解しましょう。

Check1:どうやって感染するの?

デングウイルスに感染した人を、蚊が吸血すると蚊の体内でデングウイルスが増殖します。 その蚊が他の人を吸血することで、ウイルスが感染します(蚊媒介性といいます)。ヒトからヒトに直接感染するような病気ではありません。また、感染しても発症しないことも多くみられます(不顕性感染といいます)。
デングウイルスを媒介する蚊は、「ネッタイシマカ」「ヒトスジシマカ」という種類の蚊です。ネッタイシマカは日本にはいませんが、ヒトスジシマカは日本にも存在します。

Check2:どこの国で流行しているの?

熱帯や亜熱帯全域で流行しています。東南アジア、南アジア、中南米、アフリカ、オーストラリア、ハワイでも発生の報告があります。最も日本に近い流行地は台湾です。

Check3:なぜ今日本で騒がれているの?

日本では、約70年前を最後に国内での発症はありませんでした。
ただし、海外の流行地でデングウイルスに感染し、帰国した症例は毎年200名前後報告されています。日本国内での感染ではなく、帰国後に発症することを、「輸入感染症」(たとえば、マラリア、狂犬病、エボラ出血熱など、日本にはない感染症のことです)といいます。デング熱は、ここ70年間は「輸入感染症」として取り扱われていました。

しかし、2014年8月国内感染事例が1例確認され、その後も次々に国内感染事例が報告されたため、報道に大きく取り上げられたのです。

Check4:治療薬や予防対策はあるの?

基本的に治療薬はありません。対症療法になります。安静、点滴にて自然に治癒する病気ですが、中には出血傾向となり、あらゆる臓器から出血し、死にいたるケースもごく稀にあります。 デングウイルスに感染しないようにするためのワクチンは、他国で開発中で、現在はありません。予防対策としては、蚊に刺されないように虫除けスプレーをしたり、肌の露出を少なくすることが大切です。

万が一、蚊に刺された後、潜伏期間2~10日間ほどの間に通常の風邪のような症状が見られた際は、きちんと医師の診察を受けるようにしましょう。

家庭の医学で調べる

本文はここまでです このページの先頭へ