ここから本文です

現在位置:

キーワード検索結果

病気を調べる

「気胸」で検索した結果

24
  • 胸膜・縦隔・横隔膜の病気

     肺の一部が破れて空気がもれ、肺が虚脱した病気を自然気胸といいます。 肺胸膜直下に存在するブレブの破裂によって起こります。ブレブとは、直径1cm程度の異常気腔で、正常肺と異なり破裂しやすく、自然気胸の …

    詳細はこちら

  • 胸部外傷

     空気が胸腔内にたまって、肺が虚脱(小さく収縮)した状態を気胸と呼びます(図36‐A)。通常、胸腔内の圧は外気圧より低くなっていますが、外傷などで外から空気が流入すると、肺は縮んで呼吸できなくなります …

    詳細はこちら

  • 肺の病気その他

     妊娠可能な年齢の女性にのみみられます。肺に壁が薄い「嚢胞」が多発し、進行して閉塞性換気障害のために呼吸不全になります。10年生存率は70~80%程度です。女性にみられる自然気胸(肺に孔があき、空気が …

    詳細はこちら

  • 肺の病気感染症

     肺に感染症を起こす寄生虫の種類は多く、その生活史から、 (1)肺が好発部位であるもの(肺吸虫) (2)幼虫期に肺組織に侵入したあと、他の組織で成虫になるもの(回虫など) (3)成虫から産生された幼虫 …

    詳細はこちら

  • 肺の病気その他

     気管支の先天的な発育異常による嚢胞で、気管支との連絡があることはまれですが、連絡があると二次感染が引き起こされます。嚢胞壁に腺組織があるため、嚢胞内に液体がたまってきます。縦隔に発生するものは縦隔腫 …

    詳細はこちら

  • 胸部外傷

     皮下気腫とは、皮下組織内に空気がたまった状態です。空気の侵入経路としては、皮膚の損傷による外部からの侵入、損傷された壁側胸膜をとおしての胸腔内空気(気胸)の侵入、気管・気管支損傷や食道損傷などに伴う …

    詳細はこちら

  • 新生児の病気

     胎便を肺に吸い込むことで気管支が閉塞され、呼吸障害を起こす病気です。 子宮内で胎児が仮死に陥ると、腸の蠕動運動が一時的に活発になり同時に肛門括約筋が緩みます。そのために胎便が排泄され、羊水が胎便で混 …

    詳細はこちら

  • 肺の病気結核

     結核菌が血管に侵入して血液に乗って運ばれ、少なくとも2臓器以上に活動性の病巣が成立した病態です。肺野の広い範囲にわたって1~3mm大の粒状の陰影(粟の種に似ているので、粟粒結核という)が無数見えます …

    詳細はこちら

  • 骨・関節の外傷(けが)

     肋骨は胸部に左右12本ずつ存在し、鳥かごのようになっていて、肺や心臓を包むように保護しています。通常、転倒など打撲した時に起こりますが、けががなくとも長い間咳が続いたり、ゴルフスイングを繰り返すだけ …

    詳細はこちら

  • 胸部外傷

     外傷性胸部圧迫症は、外傷性仮死、外傷性窒息、胸部圧迫顔面溢血症候群などとも呼ばれてます。 声門が閉じた状態の時に、胸部に大きな外力が加わると、静脈内の圧が著しく高くなり、頭頸部や肺の小静脈や毛細血管 …

    詳細はこちら


24件中1~10件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

【Full Lifeマガジン】人生の転機に必要な情報をお届け!
スマートフォン版Yahoo!ヘルスケア
病院情報のQRコードおでかけ先でも「病院情報」や「家庭の医学」で病気を調べることができます。
本文はここまでです このページの先頭へ