ここから本文です

現在位置:

キーワード検索結果

病気を調べる

「気胸」で検索した結果

21
  • 胸膜・縦隔・横隔膜の病気

     肺の一部が破れて空気がもれ、肺が虚脱した病気を自然気胸といいます。 肺胸膜直下に存在するブレブの破裂によって起こります。ブレブとは、直径1cm程度の異常気腔で、正常肺と異なり破裂しやすく、自然気胸の…

    詳細はこちら

  • 胸部外傷

     空気が胸腔内にたまって、肺が虚脱(小さく収縮)した状態を気胸と呼びます(図36‐A)。通常、胸腔内の圧は外気圧より低くなっていますが、外傷などで外から空気が流入すると、肺は縮んで呼吸できなくなります…

    詳細はこちら

  • 新生児の病気

     胎便を肺に吸い込むことで気管支が閉塞され、呼吸障害を起こす病気です。 子宮内で胎児が仮死に陥ると、腸の蠕動運動が一時的に活発になり同時に肛門括約筋が緩みます。そのために胎便が排泄され、羊水が胎便で混…

    詳細はこちら

  • 胸部の症状

     呼吸は普通、無意識に何の不快感や苦痛を感じることなく、自動的に行われています。しかし、呼吸器の病気などがある患者さんは、しばしば呼吸に伴う不安や不快感、苦痛を、「息が苦しい」、「息切れがする」などの…

    詳細はこちら

  • 呼吸器疾患

     肺がんとは 肺から発生したがんの総称です。とくに高齢の男性では、がんのなかでも最も発生頻度が高く、日本では第1位です。 肺がんには、顕微鏡で見たがんの組織の特徴から、腺がん、扁平上皮がん、大細胞がん…

    詳細はこちら

  •  子宮内膜症は、子宮内膜あるいはそれと似た組織が子宮内腔以外の部位に発生し、女性ホルモン(エストロゲン)の刺激を受けて増殖する疾患です。 子宮内膜症の大部分は骨盤内に発生し、その病変部は月経時に、子宮…

    詳細はこちら

  • 冠動脈の病気

     狭心症は発作的に、胸の痛みや圧迫感などの症状を起こす病気です。 発作の起こり方、原因などにより分類されます。一般的には、「労作(性)狭心症」か「安静狭心症」、「器質型(血管の強い狭窄によって起こる)…

    詳細はこちら

  • 肺の病気感染症

     肺に感染症を起こす寄生虫の種類は多く、その生活史から、 (1)肺が好発部位であるもの(肺吸虫) (2)幼虫期に肺組織に侵入したあと、他の組織で成虫になるもの(回虫など) (3)成虫から産生された幼虫…

    詳細はこちら

  • 肺の病気結核

     結核菌が血管に侵入して血液に乗って運ばれ、少なくとも2臓器以上に活動性の病巣が成立した病態です。肺野の広い範囲にわたって1~3mm大の粒状の陰影(粟の種に似ているので、粟粒結核という)が無数見えます…

    詳細はこちら

  • 肺の病気間質性肺炎または肺線維症

     呼吸不全はひとつの疾患ではなく、さまざまな疾患の結果として呼吸器能の低下が起き、十分な酸素を臓器に送れなくなった状態です。つまり、原因になった病名とともに使う状態名です。治療は、原因になった疾患の治…

    詳細はこちら


21件中1~10件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

Yahoo!家庭の医学スマートフォンアプリ
スマートフォン版Yahoo!ヘルスケア
病院情報のQRコードおでかけ先でも「病院情報」や「家庭の医学」で病気を調べることができます。
本文はここまでです このページの先頭へ