ここから本文です

現在位置:

キーワード検索結果

病気を調べる

「不整脈」で検索した結果

100
  • 心臓・血管の病気

     心臓は規則正しいリズムで収縮しています。これは図18のように洞房結節から房室結節を通ってプルキンエ線維までの刺激伝導系で電気的刺激を心臓全体に伝えているからです。 不整脈とは、このリズムが乱れたり、…

    詳細はこちら

  •  心臓は筋肉でできていて、1分間に50~100回くらい収縮して、体中に血液を送るポンプです。心臓はとまることなく動いていますが、頭で考えて動かしているわけではなく、勝手に動き続けています。 それは、心…

    詳細はこちら

  • 新生児の病気

     循環不全とは組織への血液循環が不良になった状態です。新生児期は胎児循環から出生後の循環へと劇的に循環状態が変化する時期であることや未熟性の問題などから、容易に循環不全を来します。 呼吸障害、仮死、低…

    詳細はこちら

  • 脳・脊髄・神経の病気

     主に神経と皮膚に認められる病変を特徴とする疾患で、小児期に多く発症します。罹患率は6000人~1万人に1人といわれ、遺伝の関与が考えられる例もありますが、多くは突然変異による発症(孤発例)によるもの…

    詳細はこちら

  • 心臓・血管の病気

     左右心房の間にある心房中隔に欠損孔を認める病気です(図4)。 先天性心疾患のなかで6~10%を占めます。欠損孔を通る血液の量および方向により症状が決定されます。血液量および方向は、欠損孔の大きさ、心…

    詳細はこちら

  • 心臓・血管の病気

     大動脈弁が狭いことにより、左心室から大動脈への血液の流れが障害されて左心室に負担がかかります。左心室の心筋は厚くなり、重症になると左心房圧も上がり肺うっ血を来したり、左室の収縮する力が低下することも…

    詳細はこちら

  • 心臓・血管の病気

     本来、各内臓は左右別々に形作られていますが、先天的に左右同じように形成される場合があります。たとえば心臓であれば、2つの心房がともに右心房の形態で、心室も右心室の形のみで左心室が痕跡的という、心臓の…

    詳細はこちら

  • 心臓・血管の病気

     後天性心疾患とは、おおまかにいうと形態的な心臓の奇形以外の心臓病、あるいは生まれたあとに発症してくる心臓病と考えてよいでしょう。 子どもの後天性心疾患の特徴としては、大人の心臓病で圧倒的に多い虚血性…

    詳細はこちら

  • 心臓・血管の病気

     僧帽弁とは左心房と左心室の間にある逆流防止弁です。心臓の拡張期には弁が開き、血液は心房から心室に流入します。収縮期が始まると弁は閉じられ、心室から大動脈へ血液が送り出されますが、何らかの原因で僧帽弁…

    詳細はこちら

  • 心臓・血管の病気

     ウイルス、細菌などの感染症、川崎病、膠原病などが原因で、心不全や不整脈が起こる心筋(心臓の筋肉)の炎症のことです。小児の心臓病のなかでは、頻度が低い病気です。 原因のなかで最も重要なものはウイルスに…

    詳細はこちら


100件中1~10件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

Yahoo!家庭の医学スマートフォンアプリ
スマートフォン版Yahoo!ヘルスケア
病院情報のQRコードおでかけ先でも「病院情報」や「家庭の医学」で病気を調べることができます。
本文はここまでです このページの先頭へ