ここから本文です

現在位置:

キーワード検索結果

病気を調べる

「不整脈」で検索した結果

100
  • 心臓・血管の病気

     心臓は規則正しいリズムで収縮しています。これは図18のように洞房結節から房室結節を通ってプルキンエ線維までの刺激伝導系で電気的刺激を心臓全体に伝えているからです。 不整脈とは、このリズムが乱れたり、 …

    詳細はこちら

  •  心臓は筋肉でできていて、1分間に50~100回くらい収縮して、体中に血液を送るポンプです。心臓はとまることなく動いていますが、頭で考えて動かしているわけではなく、勝手に動き続けています。 それは、心 …

    詳細はこちら

  • 心臓・血管の病気

     ウイルス、細菌などの感染症、川崎病、膠原病などが原因で、心不全や不整脈が起こる心筋(心臓の筋肉)の炎症のことです。小児の心臓病のなかでは、頻度が低い病気です。 原因のなかで最も重要なものはウイルスに …

    詳細はこちら

  • 心臓と心筋・心膜の病気

     サルコイドーシスは、全身のいろいろな臓器に肉芽腫という炎症性の病変が生じて障害を起こす原因不明の病気です。肺や眼の病気として知られていますが、心臓にも肉芽腫ができて心臓のはたらきを邪魔することがあり …

    詳細はこちら

  • 心臓と心筋・心膜の病気

     特定の心臓の病気ないしは全身性疾患によって引き起こされた心筋疾患は、一括して特定心筋疾患と呼ばれています。普通、心筋症とは別の病気として扱われています。 特定心筋疾患には、代謝性、内分泌性、膠原病な …

    詳細はこちら

  • 胸部の症状

     心臓は1分間におよそ50~100前後の脈を打ちます。自分で手首の親指の付け根に触れれば、脈拍を感じることが可能でしょう。動いた後は多少脈拍が多くなり、動悸として感じられるかもしれません。それが一定の …

    詳細はこちら

  • 心臓と心筋・心膜の病気

     循環器内科医が最もよく出合う異常のひとつです。健常な集団でも、心エコー(超音波)検査を行えば数%の確率で必ず見つかります(不正確な心エコー検査による過剰診断が時として問題になっている)。 病気とはい …

    詳細はこちら

  • 心・血管系の疾患

     心臓の細胞に生まれつき機能障害があるために、突然、脈が乱れ(不整脈発作)、失神発作を起こしたり、時には突然死に至ることもある先天性の病気です。心電図でQTと呼ばれる部分の長さ(QT時間)が長くなるこ …

    詳細はこちら

  • 不整脈(脈の乱れる病気)

     心房細動は、心房が1分間に450~600回の頻度で不規則に興奮し、その興奮波が房室結節へ無秩序に伝わるために、心室興奮は確実に不規則になる不整脈です。心房細動が絶対性不整脈といわれるゆえんです。 房 …

    詳細はこちら

  • 心臓・血管の病気

     心筋症とは、心臓の機能異常を伴う原因不明の心筋(心臓の筋肉)の病気で、主なものに肥大型心筋症、拡張型心筋症、拘束型心筋症があります。(図17)にそれぞれの心筋症の特徴を示しました。 診断は、心電図の …

    詳細はこちら


100件中1~10件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

【Full Lifeマガジン】人生の転機に必要な情報をお届け!
スマートフォン版Yahoo!ヘルスケア
病院情報のQRコードおでかけ先でも「病院情報」や「家庭の医学」で病気を調べることができます。
本文はここまでです このページの先頭へ