ここから本文です

じんましん

Urticaria (Hives)

どんな病気か

 皮膚に生じる一種のアレルギー反応で、赤い発疹が現れる病気です。皮膚のなかのマスト細胞から、ヒスタミンという物質が出るために起こります。

 通常は半日以内に発疹はおさまります。発疹が4週以上にわたって繰り返し続く場合、慢性じんま疹と呼ばれます。



原因は何か

 原因は、食べ物、薬剤、細菌やウイルス感染、血液疾患、物理的刺激、精神的ストレスなどいろいろなものがあります。

 食べ物や薬剤が原因となる場合はアレルギー性のことが多く、原因となる食べ物や薬剤を摂取すると、繰り返し症状が現れます。しかし、それ以外の場合は、じんま疹が出る仕組みはあまりはっきりとわかっていません。

 物理的刺激が原因となる場合は、軽度の圧迫や機械的刺激、温熱あるいは寒冷、日光や発汗などによって起こります。

 慢性じんま疹は、原因がはっきりしない場合がほとんどですが、マスト細胞に作用してヒスタミンを分泌させる自己抗体が原因になる場合があることが、最近わかってきました。


症状の現れ方

 突然、強いかゆみとともに身体の各所に赤い発疹が生じます。かゆみのためにかくと、引っかいた部位がみみずばれのようになることもあります。症状は通常一過性で、半日以内にはあとを残さずに治ってしまいます。次々に新しい発疹が生じて数日続くことがあり、また慢性化することもあります。

 発疹は、周辺に赤みを伴う扁平へんぺいに隆起した円形、楕円形または地図状の膨疹ぼうしんで、しばしば中央部が消退して環状となります(図4)。


検査と診断

 じんま疹が出る時、あるいは出る前の状況を詳しく記録します。発疹が一過性のもので、痕を残さず消えることが診断のポイントです。原因を調べるために血液検査や皮膚テストを行います。

 物理的刺激が原因となるじんま疹は、機械的刺激、温熱あるいは寒冷などの温度変化、日光などにより誘発されるので、そのどれなのかを確認します。一般に信じられているほど、肝臓など内臓異常の頻度は高くありません。


治療の方法

 可能なかぎり原因を解明して、対処することが必要です。症状に対しては抗ヒスタミン薬が用いられます。すぐにかゆみを止めたい場合には注射をしますが、通常は内服薬で治療します。抗ヒスタミン薬で効果がない場合には、少量のステロイド薬を内服すると効果的です。

 自己抗体が原因となる慢性じんま疹では、ステロイド注射薬や免疫抑制薬で治療することもあります。


病気に気づいたらどうする

 1時間程度で消失する場合は、様子をみていてもよいでしょう。それ以上続く場合や消失しても繰り返しみられる場合、かゆみが強い場合は治療を受けます。

 かゆみを伴う赤い発疹があった場合、虫刺されや湿疹である可能性もあります。じんま疹と虫刺されや湿疹とでは治療法が異なるので、きちんと皮膚科専門医の診断を受けることが大切です。

 じんま疹は、夕方から夜間に突然生じる場合もよくあります。こうした場合、夜間救急診療を行っている医療機関を受診したほうがよいでしょう。



執筆者(敬称略):森田 栄伸

  • :画像ページに移動します。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

Yahoo!家庭の医学スマートフォンアプリ
スマートフォン版Yahoo!ヘルスケア
病院情報のQRコードおでかけ先でも「病院情報」や「家庭の医学」で病気を調べることができます。
本文はここまでです このページの先頭へ